ブックマーク・RSSリーダー

登録すると、新着記事がラクラク読めます

最新記事

カテゴリ

プロフィール

リョウ

Author:リョウ
アラフォー女です。
現在はフリーランスとして生計を立てています。
私がフリーランスとなれたのも、
これまで20代で2回、30代で2回の計4回の転職を経験したからだと思っています。
今まで経験した職種は、
営業事務、コーダー、雑誌編集、営業、広報です。
経験した業界は
メーカー、WEB、求人サイト、マスコミ、コンサル
と様々です。
この4回の転職経験と求人サイト業界で得た情報や実際に自分が採用をした経験から、独自の転職ノウハウを公開し、少しでも転職活動をしている方にお役立ていただけたらと思っています。
座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私は4回の転職に成功しました

はじめまして。私はアラフォーのオンナですが、今までに20代で2回、30代で2回の合計4回の転職経験があります。転職するたびに、転職のコツをつかんできました。このブログは、私の独自の転職ノウハウや考え方を公開し、少しでも転職活動をされている方のお役に立てればと思い、日々更新しております。
DATE: CATEGORY:思い通りに面接をすすめる方法
明日、面接があるのに、体調が悪い!どうする?
大事な時に限って、体調を崩したりするんですよね。
私は、冬場はしょっちゅう風邪をひくので、面接の時体調が優れないことが結構ありました。

これからがんばって更新していきますので、どうか応援よろしくお願いします。
↓↓↓



そこまでひどくなく、普通に会話ができそうな状態なら、面接に向かいます。
やはり、その会社の面接官は自分の為に忙しい時間を空けて待っていてくれるので、少々の熱ぐらいだったらマスクをつけてでも行くと思います。

でも、一度2次面接の前日にインフルエンザにかかったことがあります。
さすがにインフルエンザは感染力が強いし、高熱でフラフラだし無理して行くわけにはいきません。
それで、止む無く面接を延期していただくように採用担当の方に電話をしました。
その方は「それなら仕方ないですね、治ったら連絡をください。お大事にされてください」と言ってくれました。
その後、インフルエンザが治って面接を再度設定していただき、内定をいただくことができたのですが、面接担当だった上司(電話した採用担当とは別)からは、「あの時はインフルエンザを理由に断られたかと思った~」と言われました。

採用側は、面接を断ると、インフルエンザって本当かな?うちに来る気がないのかも。と不安になるようです。
実際にそうやって断る人がいるらしいのです。
私は本当にインフルエンザで苦しんでいたのに、そんな風に疑われているとは驚きでした。
さらに上司は私を採用したいと思っていてくれていたようなのですが、面接を断ったので別の人にしようかと検討までしたというのです。
でも、私が採用担当の方に「御社で働かせていただきたいと思っています。
必ず治ったら電話します」と念押しをしていたために、その方が「絶対電話がかかってくるよ」と上司言ってくれたようで、待ってもらうことができました。

何か言いたいかというと、病気で面接を断るのは仕方のないことですが、その会社には、「自分は御社で働きたいと思っています」という気持ちを伝えておくことが大切だということです。
それがないと、断られた~!!と悲しい勘違いをされてしまうことがあるかもしれませんよ。

これからがんばって更新していきますので、どうか応援よろしくお願いします。
↓↓↓


関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 転職の学校 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ