ブックマーク・RSSリーダー

登録すると、新着記事がラクラク読めます

最新記事

カテゴリ

プロフィール

リョウ

Author:リョウ
アラフォー女です。
現在はフリーランスとして生計を立てています。
私がフリーランスとなれたのも、
これまで20代で2回、30代で2回の計4回の転職を経験したからだと思っています。
今まで経験した職種は、
営業事務、コーダー、雑誌編集、営業、広報です。
経験した業界は
メーカー、WEB、求人サイト、マスコミ、コンサル
と様々です。
この4回の転職経験と求人サイト業界で得た情報や実際に自分が採用をした経験から、独自の転職ノウハウを公開し、少しでも転職活動をしている方にお役立ていただけたらと思っています。
座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私は4回の転職に成功しました

はじめまして。私はアラフォーのオンナですが、今までに20代で2回、30代で2回の合計4回の転職経験があります。転職するたびに、転職のコツをつかんできました。このブログは、私の独自の転職ノウハウや考え方を公開し、少しでも転職活動をされている方のお役に立てればと思い、日々更新しております。
DATE: CATEGORY:思い通りに面接をすすめる方法
面接に行く時に、「選ばれにいく」というような気持ちでいってませんか?
これは結構、転職に慣れていない人に多いのですが、「選ばれにいく」の意識で面接にくる人は、すごく緊張していたり、やたらと恭しい感じで、志望動機なんて自分が履歴書に書いた文章をそのまま暗唱したりします。

これからがんばって更新していきますので、どうか応援よろしくお願いします。
↓↓↓




面接に行く時に、「選ばれにいく」というような気持ちでいってませんか?
これは結構、転職に慣れていない人に多いのですが、「選ばれにいく」の意識で面接にくる人は、すごく緊張していたり、やたらと恭しい感じで、志望動機なんて自分が履歴書に書いた文章をそのまま暗唱したりします。

私は、面接は「選ばれにいく」のではなく、お互いに「選ぶ」ためのものだと思っています。
求職側の自分も、その会社が本当に自分に相応しい会社なのか見極める場なのですから、自分のアピールをしに行くというよりも、相手のことをもっと知る為に、会話を楽しむぐらいのスタンスで臨んだ方がいいと思います。

そういう私も学生の時に就職活動をしていた時は、面接の時に上手く話せず、志望動機や自己PRを暗唱するタイプでした(笑)
でも、その後5年間社会人を経験して、転職活動をした時に気がつきました。
面接って会社が自分の事を見て合否の判断をするものじゃなくて、自分もその会社がいいかどうか判断するためのものじゃん。
そしたら、取材をするつもりで行ってやれと。

その時はWEB制作会社で取材なども担当していたので、取材の時と同じようにノートとペンを持って行ってみました。
そうしたら、不思議と緊張せずに、ちゃんと“会話”をしてくることができたのです。

恐らく「選ばれにいく」という受け身の姿勢ではなく、「選びにいく」という攻めの姿勢になることで、気持ちにゆとりもできて、自然に話がしやすくなったのだと思います。
不自然に暗記した言葉を並べるのではなく、自然な会話の中から自分の事を話すことができるようになりました。
さらに、その会社や仕事にももっと興味がでてきて、質問や疑問がたくさんわいてくるようになります。

もし面接が苦手でいつも上手く話せないという人は、その会社のことをよく知るチャンスだと思って、「選びにいこう」「話を聞きにいこう」「取材しよう」という気持ちに切り替えていってみてください。




これからがんばって更新していきますので、どうか応援よろしくお願いします。
↓↓↓




関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 転職の学校 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ