ブックマーク・RSSリーダー

登録すると、新着記事がラクラク読めます

最新記事

カテゴリ

プロフィール

リョウ

Author:リョウ
アラフォー女です。
現在はフリーランスとして生計を立てています。
私がフリーランスとなれたのも、
これまで20代で2回、30代で2回の計4回の転職を経験したからだと思っています。
今まで経験した職種は、
営業事務、コーダー、雑誌編集、営業、広報です。
経験した業界は
メーカー、WEB、求人サイト、マスコミ、コンサル
と様々です。
この4回の転職経験と求人サイト業界で得た情報や実際に自分が採用をした経験から、独自の転職ノウハウを公開し、少しでも転職活動をしている方にお役立ていただけたらと思っています。
座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

私は4回の転職に成功しました

はじめまして。私はアラフォーのオンナですが、今までに20代で2回、30代で2回の合計4回の転職経験があります。転職するたびに、転職のコツをつかんできました。このブログは、私の独自の転職ノウハウや考え方を公開し、少しでも転職活動をされている方のお役に立てればと思い、日々更新しております。
DATE: CATEGORY:書類審査に合格しやすくなる方法
今は、履歴書の書き方、職務経歴書の書き方、書類の送り方、メールの送り方などのマニュアルがあり。ネットで調べればすぐにそのマニュアルが手に入るようになっています。
そのせいか、転職が業務的に行われているような感じがします。

そうやって業務的にするのもいいのですが、たまには、人の血が通ったぬくもりが感じられるような事があってもいいのではないかと思います。

これからがんばって更新していきますので、どうか応援よろしくお願いします。
↓↓↓



転職活動をしていると、対会社というふうに考えがちですが、必ずそこには人がいます。採用は機械がしているのではなく、人がしているのです。
人対人だということを忘れてはいけないのではないかと思います。

面接で、実際にその会社の人と会えば、おのずと気が付くのだと思いますが、書類審査の段階では人対人ということを忘れている人が多いのではないでしょうか。
そこをもう少し意識してみると、他の応募者とは違ったキラリと光る個性を見せることができるのではないでしょうか。

私は、応募書類を郵送する際の添え状は通り一遍のものではなく、季節の花の絵があしらわれた綺麗な便箋をつけて送っていました。
たくさんの応募書類を扱う採用担当の方に、少しでも和んでもらおうと考えたのです。(ちょっとあざといかもしれないですが・・・(笑))
実際にそれに感動して、あなたに会ってみたくなったと、応募した会社の部長さんに一番に面接に呼んでいただいたことがあります。
流れ作業的に応募書類をさばいているような会社では、逆に邪魔だと思われてしまうのかもしれませんが、気持ちが伝わるところには伝わるのです。

また、転職サイト等でメールで応募する時も、当たり障りのない定型文のような挨拶よりも、自分の意気込みや思いを一言かいて送るなどしてみるのもいいかもしれません。(でも、あまり一方的に長い文は相手の負担になるので、注意が必要です)

人は最後は感情で動くと言われています。
相手の感情を動かすには、自分の感情を先に相手に伝えなければいけません。
マニュアル通りではなく、自分の感情を相手に上手く伝える方法を考えてみてはいかがでしょうか。




これからがんばって更新していきますので、どうか応援よろしくお願いします。
↓↓↓

関連記事
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 転職の学校 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ